『判例秘書』 評価版 無料トライアル利用規約
第1条(トライアル利用規約の適用)
本規約は、株式会社エル・アイ・シー(以下、「LIC」という)が提供する『判例秘書』評価版(以下、「本サービス」という)の無料トライアル利用に関する諸条件を定めたものであり、無料トライアル利用者(以下、「利用者」という)による、本サービスの利用に関する一切に適用されます。

第2条(本規約の範囲)
LICが本サービスを通じて、随時、利用者に発表する諸規約についても本規約の一部を構成するものとします。LICは、利用者の承諾を得ることなく、本規約の内容を変更することができるものとします。

第3条(利用者登録)
利用者とは、LICに対し本サービスの無料トライアル利用を申込み、LICがこれを承認したうえで利用者資格を付与した者をいいます。
2. 利用者は、トライアルの申込み時点で本規約の内容に同意しているものとみなします。

第4条(利用者資格の譲渡・転貸等の禁止)
利用者は、本サービスの利用者資格を第三者に譲渡もしくは転貸し、または、第三者に本サービスを使用させることはできないものとします。

第5条(トライアル期間)
本サービスのトライアル期間は、別途LICが利用者に発行するID・パスワード通知書に記載されたとおりとします。
2. LICは無料トライアル期間が終了した場合は、当該利用者のID・パスワードを無効とし、利用者は、速やかに利用を中止するものとします。

第6条(利用者設備等の設置)
利用者は、本サービスを使用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となるすべての機器を、自己の費用と責任において調達するものとします。又、自己の費用と責任で、任意の電気通信サービスを経由して本サービスに利用者システムを接続するものとします。

第7条(自己責任の原則)
利用者は、LICにより利用者の認証用に発行されたID・パスワードを使用して、本サービス上でなされた一切の行為及びその結果について、当該行為を自己が行ったか否かを問わず、責任を負うものとします。
2. 利用者が本サービスの利用の際、第三者に対して損害を与えた場合、利用者は自己の責任と費用をもって解決し、LICに何ら損害を与えないようにします。
3. LICは本サービスの利用により発生した利用者の損害については、いかなる責任も負わず、一切、損害賠償義務を負わないものとします。
4. 利用者が本条に違反してLICに損害を与えた場合、当該利用者はLICに対してその損害を賠償するものとします。

第8条(ID・パスワードの交付とその管理責任)
LICは、本サービスの利用者資格の付与と同時に、ID及びこれに対応するパスワードの発行をします。
2. 利用者は、自己のID及びこれに対応するパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。
3. 利用者は、自己のID及びこれに対応するパスワードにつき利用者以外の第三者に利用させることはできないものとします。

第9条(本サービス及び資料の限定利用)
利用者は、本サービスを試用目的としてのみ利用するものとし、本サービスによって得られた資料を印刷・複製・配布するなど、他の目的に使用することはできないものとします。

第10条(サービスの一時的な中断)
LICは、利用者に事前に通知することなく、一時的に本サービスを中断することがあります。

第11条(秘密の保持)
LICは、本サービスの提供に際して知り得た利用者の個人情報を第三者に開示または漏洩しないものとします。
2. 刑事訴訟法第218条に基づく強制の処分が行われた場合には、LICは当該処分の定める範囲で前項の義務を負わないものとします。
3. LICは、利用者による本サービスの使用状況の集計及び分析を行い、これを新規サービスの開発等の業務の遂行のために利用することがあります。

第12条(ID・パスワードの使用停止または一時停止)
利用者が以下のいずれかの事由に該当する場合、LICは、事前の通知または催告を要さずに、当該利用者のID・パスワードを停止または一時停止することができるものとします。
(1)無料トライアルの申込み時に虚偽の申告をした場合
(2)ID・パスワードを不正に使用した場合
(3)本サービスの運営を妨害した場合
(4)本規約の何れかに違反した場合
(5)その他LICがその裁量により、利用者として不適当と判断した場合

第13条(合意管轄裁判所)
本規約には、日本法が適用されるものとし、本規約に関する一切の紛争の第一審の専属合意管轄裁判所は、東京地方裁判所とします。

以上